糖質制限ダイエットは本当に痩せる?

食べ過ぎて太ってしまった!仕方ない、ダイエットするか...。

そう思った時、あなたならどのような方法でダイエットしようと考えるでしょうか?

体重を落とすためだけならば、基本的に摂取カロリーを減らすのが一番楽に体重を落とすことができます。食べることへの執念が特に強くないのであれば、断食が一番手っ取り早いと言えるでしょう。

断食はちょっとやり過ぎかも、という人が次に考えるのは、糖質制限です。

糖質制限とは、例えば朝ごはんを抜いてみたり、白米を食べるのをやめておかずだけにしてみたり、他にも一時期流行したバナナダイエットなどもこの糖質制限によるダイエットの一種です。

その中でも、特に白米は糖質の塊のように見られ、制限されるべきメニューとして意識的に白米を食べないようにしている人も多いです。

では、糖質を摂取する量を減ら減らせば、本当に痩せることができるのでしょうか?白米を食べることを止めれば、体重を減らすことができるのでしょうか?

この答えは、イエスでもあり、ノーでもあります。

つまり、一旦は確実に痩せることができるのです。それまで摂取していた糖分を摂取しなくなることで、生きるのに必要なエネルギーがもともと体内に蓄積していたエネルギーから消費するようになります。

体の中の栄養分が消費されるため、見た目は確実に痩せることができます。しかし、これが大きな落とし穴なのです。

もし、糖分を取ることをやめて血液中の栄養分が不足して、体内にある栄養を血液へと溶かし出してエネルギーを得るのに使わなければならないという状況に追い込まれた時、何が血液中へと溶かし出されて使われるのでしょうか?

その多くは、筋肉を形成していたタンパク質であることが多いのです。多くの人が気にしている、お腹や二の腕についたプニプニの脂肪は、多少はエネルギー源として使われるものの、不足分として使われるのは主にこの筋肉なのです。

筋肉は重いため、減少すると確かに体重は減少します。

また、筋肉が落ちることによって見た目の足の太さなどは細くなるため、とてもダイエットに成功したかのように見えるのです。

しかし、これはダイエット成功どころか逆に失敗と言えます。一度は痩せたとしても、筋肉が落ちてしまえば基礎代謝が下がり、エネルギー消費量が絶対的に減少してしまいます。

その結果として、一度は落ちた体重が、自分自身の消費エネルギーが減ることによって食事量を同じに保っていても増えるという結果を招いてしまうのです。

また、糖質制限を永遠に続けるなら痩せた状態をキープできるかもしれませんが、この先一生白米をはじめとした炭水化物を摂取できないということはよほどの意思がなければ難しいため、多くの人が目標体重に達した時点で糖質制限をやめてしまいます。

そうなった時は、私たちの基礎代謝は落ちきっているため、俗に言うリバウンドという現象が起こってしまうのです。

ですので、糖質制限ダイエットにはそのような落とし穴が潜んでいることを忘れないでください。


ダイエットをするなら摂取したほうがいい栄養素って?

ダイエットの基本は昔から変わっておらず、規則正しい食生活と適度な運動です。最近は運動やエステケアなどもダイエットと呼んでいますが、本来の意味は食事制限で適正体重に導くことを言います。

痩せることは健康によく、生活習慣病を防ぐために一番大切なことです。そのためにはカロリー制限も大切ですが、摂取する食品や栄養素にも気を配る必要があるでしょう。

豆類には豊富なアミノ酸が含まれているので、積極的に摂っていきましょう。アミノ酸が不足すると燃焼力が下がるので、太りやすい体質になっていきます。

食べる量はそれほど多くないのに太るという方は、アミノ酸が不足している可能性があります。

アミノ酸やプロテインを含有する飲料で補うのもよいでしょう。

これらの成分は筋肉の原料となり、筋肉を増強することで脂肪燃焼率を高めてくれます。

脂肪燃焼を意識するならやはり筋肉量のアップが必須なの?

脂肪が燃えなくて困っている方は、筋肉量が少ない可能性を考えてみましょう。身近な食品では豆乳が手軽にプロテインを補給できる飲料としておすすめです。

ビタミンもバランスよく摂取する必要があるので、マルチビタミンサプリを利用するのもいいでしょう。ビタミンは代謝にも関わる栄養素なので、不足するとカロリーが燃焼しにくくなります。

脂質、糖質をうまく代謝できないと、体脂肪として蓄えることになります。ビタミンB群が不足している方は、特に代謝低下に注意をしてください。

ビタミンBは相互的に作用するので、B群のサプリを活用しましょう。

水もダイエットには欠かせないのを知っていますか?

意外と痩せるために大切な食品には水もあり、特に水素水はダイエットに優れています。痩せなくて困っている方は、実は水が不足しているというケースが多いのです。

水分が不足すると体の巡りが悪くなりますから、毒素が溜まって太りやすくなるのです。体内毒素が多いほど燃焼力が低下するので、ダイエットするのが難しくなります。

水素水は代謝を促進する作用もあるので、水道水を飲むよりも痩せやすいのです。血液やリンパの循環がよくなると、血中脂質も排出されやすくなります。

何をしても痩せない方は、水を変えてみるとよいでしょう。

水素水は長期保管をすると水素が抜けてしまうので、こまめに取り寄せるようにしましょう。家庭用の水素水サーバーを利用し、その場で作って飲むのもよいです。

緑茶やコーヒーはダイエットによい飲料であり、特に食後に飲むことをおすすめします。脂肪や糖質の吸収を抑制してくれるので、今までと同じ量を食べても痩せやすくなるでしょう。

空腹を感じたときはノンカフェインのお茶を飲むようにすれば、カロリーの摂り過ぎを防ぐことができます。

カフェイン入りの飲料は覚醒作用があるため、飲み過ぎると寝付きを悪くします。ただ、むくみが気になる方の場合は、カフェインを含んだ緑茶やコーヒーは大いに役立ちます。

体内の余分な水分を排出して、むくみをスッキリとさせてくれるでしょう。特に下半身太りが気になる方は、カフェインを摂って水分を排出しつつデトックスをしていきましょう。